どんな職場で活かせるの?

システムアーキテクト試験の対象者像が「高度IT人材として確立した専門分野をもち、ITストラテジストによる提案を受けて、情報システム又は組込みシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計し、情報システムについては開発を主導する者」とされているように、当然のことながらシステム開発やプログラミング系、情報セキュリティ系などの会社で活かせる資格となります。

この試験はかなりの技術と知識、経験を問われる内容となっているので、それに合格するということは即ち、職場内あるいはプロジェクト内である程度主導的な立場に就くにふさわしい力を持った人物である、と認められることになります。

システムアーキテクト試験は、その前身となるアプリケーションエンジニア試験とともに、各企業から高い評価を受けています。最近では各企業内で独自の資格試験を設け、自社の業務内容に沿ったアーキテクトを育てる動きも活発化しているようです。たとえば、NECでは社内資格制度「NECプロフェッショナル認定制度」の中に「システムズアーキテクト」という資格を設け、顧客との対話から潜在化しているシステム要件を引き出し、それを具現化するシステム・アーキテクチャを提案し、システム開発プロジェクトへの参画を通して、実装設計、サイジング、システム構築/評価、障害解析をリードする人材育成に努めているそうです。

業界でも注目を浴びているキーワードである「ITアーキテクト」。そのスキルをはかるものさしといえるシステムアーキテクト試験は、IT業界全体から大きな期待を寄せられている資格試験と言えるのです。

Copyright (C) システムアーキテクト. All Rights Reserved.