システムアーキテクトの認知度は?

システムアーキテクトという資格は、どのくらい認知されているものなのでしょうか。

情報処理系IT資格の中でも、レベル4という高度な資格に位置づけられているシステムアーキテクトですが、2009年度にアプリケーションエンジニア試験から移行されたばかり。システムアーキテクト試験という名称自体は、まだそれほど認知度が高いものではないかもしれません。

しかしIT系の会社にお勤めの方、IT業界に身を置く方なら、ほとんどの方が「アーキテクト」「アーキテクチャ」という言葉を耳にしたことがあり、その意味や仕事の内容、求められるスキルなどを何となく理解できるのではないでしょうか。社内の独自の資格制度でも設けられている例が多く見られることからも、このシステムアーキテクトという資格が業界内でいかに重要視されているかよくわかるかと思います。

システムの全体像を見通した上で、全体最適の観点からの情報システムの構造設計を行なう高度なスキルを持つ人材が、最近多くの企業で求められています。まさにシステムアーキテクト試験に合格できるようなスキルを持つ人材が必要とされているのです。このことから考えても、高度な知識と技術・経験を求められるこの資格の認知度は、これからますます上がっていくことは間違いないと言えます。

このように注目度が高く、認知度も今後ますます上がっていくシステムアーキテクト。取得しておけば、自己の社内評価のアップはもちろんのこと、転職・転職時にも役立つことは間違いないでしょう。

Copyright (C) システムアーキテクト. All Rights Reserved.