システムアーキテクトを取得するメリットは?

高度な技術と知識・経験を求められるシステムアーキテクト試験。この資格を取得するメリットは、どこにあるのでしょうか。

まずは自らのスキルや能力を計れるということ。仕事ができる、という漠然とした評価ではなく、システムアーキテクト試験に合格するほどのスキルと能力があるのだ、という「ものさし」として使えるという点です。技術が急速に変化していく中で、幅広い観点から出題され、機種やOSにしばられない知識を習得することができる試験内容は、自分のスキルや知識を高めることに大きく役立ちます。

そして、企業から高い評価を受けることができるという点。このシステムアーキテクト試験は、各企業から高い評価を受けており、社内で資格取得を奨励している会社も多くあるほど。中には、合格者には一時金・資格手当などといった報奨金制度を設ける企業や、就職の際に試験合格を考慮する企業などもあるほど。つまり評価の大きな対象となっているのです。

また、このシステムアーキテクトの合格者には、中小企業診断士や弁理士などの国家試験の一部免除があったり、入試優遇制度を実施している学校が258校あったりと、社会的にも大きく認められ、優遇措置を受けることができる点もあります。

このように、自己認知だけでなく、他者からも大きな評価を受けることができるシステムアーキテクト。試験内容は高度で難解ですが、それだけに合格すれば受けるメリットは大きいと言えるのです。

Copyright (C) システムアーキテクト. All Rights Reserved.