ほかのIT系資格とどう違うの?

システムアーキテクトは、ほかのIT系資格とどう違うのでしょうか。

この試験を実施している独立行政法人情報処理推進機構では、実施している情報処理技術者試験をレベル1からレベル4という、4つの区分に分類しています。レベル1には、職業人に共通に求められる基礎知識を問うITパスポート試験、レベル2には基本的知識と技能を問う基本情報技術者試験、レベル3には応用的知識と技能を問う応用情報技術者試験が、それぞれ分類されています。システムアーキテクト試験は、この分類の中では最も難易度の高いレベル4に位置づけられている試験です。

同じレベル4には、高度IT人材として確立した専門分野をもち、企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者を対象者とするITストラテジスト試験や、高度IT人材として確立した専門分野をもち、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守において、情報セキュリティポリシに準拠してセキュリティ機能の実現を支援し、又は情報システム基盤を整備し、情報セキュリティ技術の専門家として情報セキュリティ管理を支援する者を対象者とする情報セキュリティスペシャリスト試験などがあります。

それぞれ専門性が違う内容の試験となっていて、その中でもシステムアーキテクトは、情報システム戦略を具体化するために、全体最適の観点から対象とする情報システムの構造を主導的に設計し、下位者を指導できる者。情報システム又は組込みシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを主導的に設計できる者が、具体的な対象者となっています。

Copyright (C) システムアーキテクト. All Rights Reserved.